[top.htm]

[left.htm]

ダラスコンベンション 5日目

2007年6月30日(土)

今日も朝食のご招待を受けているので また マジシャンのいるビュッフェ・・・

その前に Sさまは昨日のショッピングモールでのお買い物の途中に

高級なデジカメを盗まれてしまいました 「カメラはどうでもいいけど チップがぁ〜」と

言っています 予備にもう一台持ってきているので それで今日ホテルの中やいろいろ

撮ってみようということになり 朝からホテルで撮影大会です (*^_^*)

ついでに私も いろいろ撮影してみます

撮影大会が終わって 朝食に行きます

先日食べたときに 画像を撮らなかったので 今日はいろいろ撮ってみましょうね

ローストビーフ ソースいろいろ

オムレツの具 ここから好きなものを選んで 焼いてもらいます

私は 5種類を選びました

これなんだっけかなぁ〜? 忘れてしまいました (^_^;)

 

これは Sさまの朝食

この2皿は私が食べる分 すごい量! これじゃ太るよねぇ〜

 

今回の旅行では たくさんSさまにご馳走になり 豪華なお食事に恵まれました

やっぱり インスタント食品より すごーーーく いいですよねぇ(*^_^*)

ご馳走様でした。

ポストオフィスへ行くまで 少し時間があるので トイザラスへ行って見ることにします

爆裂さん抜きでのおでかけで どきどき 

車が玄関に来て 住所を入れようとしたら 入らない わからない

なんで? ずーっと やってきたことなのに どこかが違う

車の係りの男の子に お願いしても 全くわからず お手上げ

少し上司の人が出てきて いろいろ設定してくれたけど なんだか ちょっと違うようで・・・

「爆ちゃぁ〜ん ナビがよくわからないよぉ」 大荷物を抱えて

助けに来てくれました あぁ 白馬に乗った王子さまです ♪(^з^)-☆Chu!!

やっと 住所をいれて 出発です

2度ほど道を間違えて あーでない こーでないと 無事到着

なんだか やけに嬉しかったりして・・・

 

ここには 99セントショップもあったりして庶民的です

99セントショップの中をふと見ると なんと結婚式を挙げているのです すごいぃ

お客様に ケーキを振舞ったりしています なんだか とても楽しい雰囲気です。

余談ですが ホテルのトイレで花嫁さんが友達と二人で衣装を着ているシーンに合いました

アメリカって面白い国だと 思えます きっと日本のように

ホテルにぼったくられないで 自由なお式やパーティーを挙げるのでしょうね 

中に入ってそばに行くと ケーキを食べませんか?とか 聞いてくれます

とても フレンドリーで 良い感じです おめでとうと 一言そえて・・・

 

帰りのナビは 記憶されているので簡単にセットできました ふぅ〜

なにか するたびに おらおらしてしまいます。 

行きと帰りの距離が やけに違うように感じて・・・ 帰りはあっという間に到着です

なんだか へん・・・

あとは 午後からポストオフィスに行きましょう。

ポストオフィスには 爆ちゃんが案内してくれるので ナビをセットして後ろから着いていきます

私達は4箱 メインラインの大きなものをたくさん買ったので こんなことになるんだわ・・・

やっぱり ヴィンテージでまとめればよかったなぁ〜と 毎回後悔

でも メインラインファンの私としては 

これを買うのが楽しみでもあります えへ (*^_^*)

それでは 出発進行! 快適なドライブ と 思ったらとんでもない

途中で爆裂さんを見失いました でもナビのガイド通りに進みます

この雲行き 怪しいよねぇ・・・ 前途多難が見えてくるぅ

 

「目的地に 到着」 と ナビは言います  ・・・・? あれ? ここは どこ?

レンタカーの返却場所のような気がします ちがうよここじゃないよ

爆ちゃんに 電話を入れます

なんだか 違うところにいるようなのですが・・・

右に出て 右に行って 右に曲がって・・・ うん うん うん

さて 出発しますが もう 到着してしまったので

ナビはお休みして 何も言いません (;_;) どうするの

ここ そこ あそこ どこ あれ ここは飛行場のなか Cデッキらしいよ

お手上げ! ギブアップです

冷静にならなくちゃ 元のところに戻ってみよう・・・ ところが ダラスの空港は想像を絶するほど

大きい! そして広い! 走っても 走っても 景色が変わらないのです

落ち着いて 落ち着いてと 自分に言い聞かせてみます

落ち着きを取り戻すためにカメラを取り出して見ました これ 意外と効果あったかもしれません。

 

そうだ 最初に設定したところにまた設定すればいいのよ!

あわてると そんな簡単なことが思い浮かばないものなのですよね

まずは 元の位置に到着 そして右に出て・・・・ あった

ポストオフィスへの道案内板がありました 左へ曲がって・・・・ あっ

あそこ! やっと見つけました 背中が寒くなるほど 冷静さを失いましたが

どうにかこうにか到着です よかった ふぅ〜 

荷物も出して 4個で 580ドル うぅ すごい 6万円越してる

財布をホテルにおいてきてしまったことを 今思い出して!

今度はお金がない! Sさまが「いくらだい?」 「約600ドルです」 「さすがにそんなにもって来てないよぉ」

アメリカのポストオフィスはカードが使えるので カードを使います

良かった カードだけでも持ってきて!

もう 今回のダラス旅行はへまばかり ちょっと 自信喪失になりますよねぇ

 

そして 帰りは二人で戻ります

もう ホテルに着くよ って時に 一本道を間違えて曲がってしまいます

ホテルが湖の向こうに見えます

こんなに素敵な外観なのですよ そして大きい

なによりも これほどリゾートたっぷりなホテルだったということが 理解できました

いままで 泊まっていて水辺を見ることはなかったのですから・・・ね

とても 細い一本道で 右にはゴルフ場 左は湖

どこをどう曲がればいいのかな? どこかに 何か無いかなぁ?

ありました ありました 水門があって そこは道が広くなっています そこへ頭を突っ込んで

むりくり Uターンをすることにします。

景色はなかなか良くて プチ観光ができました。

そのときに ナビが言った言葉が笑えます

「できれば合法的な方法で Uターン」 だって 合法的ね うんうん OKよ

ここを曲がらなくてはいけなかったのよねぇ 泊まっていて初めてホテルの入り口が撮れました

ホテルへの道は長いのです

先ほど湖側から見た 真反対の景色です こちらからだと 大きさが伝わらないですよね

これで ダラスでしなくてはならないのは ラストのパーティーだけです

お部屋に戻って ゆっくりと支度をすることにしましょう

あぁ〜〜〜〜 疲れた 本当に疲れた・・・ 少しベッドで寝てみましょうzzzzzzz

6月26日 6月27日 6月28日 28日後半 6月29日 ここです 6月30日
到着まで 買い物ツアー ファッションショー マテルプレゼン ランチョン〜 午前中 メインパーティー

HOME